• 障がいのある人もない人も まぜて焼いたらあらなかよし

サクサクおいしくなーれ


  1. PR 塾(商品開発講座)

    PR塾広報プランナー、デザイナーらも参加

    初年度のPR塾、広報プランナーの吉田知津子さんとデザイナーの林直樹さんも参加。

    「かわいそうだから買ってあげる」ではなく、「プレゼントしたくなるクッキー」を目指して、福祉の商品開発講座を開催しています。福祉作業所、ボランティア有志による企画委員会で運営しています。

    これまでのテーマ

    年度開講月テーマ
    2007 年10 月〜私たち(市民)だからできるPR塾
    2010 年9 月〜共通ブランド「紅赤一期一会」開発(専門学校とコラボ)
    2011 年 9 月〜プチギフト開発「新聞バッグづくり教室」他(シラコバト基金助成事業)
    2013 年1 月〜ディスプレイ&ポップづくり
    2014 年1 月〜接客編「カリスマ駅弁販売員に学ぶ」他
    2015 年1 月〜『仕合わせ』な売場編「シェフとつくるさっくりクッキー」他
    2016 年1 月〜販売企画編「西圓寺発、地域のつなぎ技に学ぶ」他


  2. クッキーバザール

    バザール2016

    世間話が弾む売場に。

    PR 塾で魅力的になった商品のお披露目のため、年一回、浦和コルソで、福祉作業所のクッキーの販
    売会を開催。売上は2日間で100万円を超えます。


  3. おかし屋マーブル

    これまでイベント販売を重ねてきた私たちは、2017年1月「福祉だからできる商品」の価値を発信するアンテナショップ・常設の「おかし屋マーブル」を開店しました。
    さいたま新都心、埼玉県立小児医療センター2Fにあります。病気とたたかう子どもたちや支える親御さんたち、医療スタッフに手づくりの焼き菓子と雑貨をお届けしています。

     


  4. ウェルフェアトレードタウン運動

    これからは福祉の商品を買うことが特別なことではなく「普通」のことなるような、まちぐるみの推進をはかっていきます。
    私たちはこれを「ウェルフェアトレードタウン運動」と名付け埼玉の地に根付かせていきます。

    保存

保存

保存